教育・研修プログラム

ホーム > 教育センター > 教育・研修プログラム > 研修医・医学生向け研修

研修医・医学生向け研修

Training Program
医学生、初期研修医、後期研修医に幅広い研修を提供しています。
座学にて在宅医療の全体像を学んで頂くこと、また、実際の診療同行や他職種との連携を通して、チームで患者さんを見ることを学ぶ機会としています。
※患者様宅への診療同行に関しては、患者様もしくは患者様ご家族からのご理解とご同意が必要となります。
研修プログラム例
オリエンテーション、訪問同行、他職種同行、退院前カンファレンスなど
8:30 朝会参加
9:00 オリエンテーション
10:00 診療同行
13:00 お昼休憩
14:00 診療同行
16:00 退院カンファレンス
17:00 ふりかえり
17:30 終了
実績
医学生:東京大学、東京医科歯科大学、慶應義塾大学
初期研修医:JCHO東京新宿メディカルセンター、都立駒込病院
“医師としての在り方を学ぶ”
地域医療研修では在宅医療を経験することだけでなく社会人としてのルール、基本的な礼儀作法も含めて研修していただきます。医師は学生時代から特殊な環境で育ち、就職直後に指示系統のトップに立ってしまうため世間の感覚とずれが生じやすく、「医者の常識は世間の非常識」などと揶揄されることすらあります。患者さんのお宅に伺う際に基本的な礼儀作法を守ることは患者さんへの敬意を示すことでもあり、その点からも指導いたします。

医療面では多職種連携を中心に経験していただきます。患者さんの生活を支えるには家族、訪問看護師や介護スタッフなど様々な関係者とフラットな関係を作り対話する必要があります。そのような関係の中で患者さんを全人的にみることを経験し、今後何科に進んでも必要な医師としての在り方を学んでいただけたらと思います。

お問い合わせ

CONTACT
ご質問やご相談などは下記お問い合わせまでご連絡ください。
ご質問やご相談などは
下記お問い合わせまでご連絡ください。