教育・研修プログラム

ホーム > 教育センター > 教育・研修プログラム > 在宅医療専門医研修プログラム

在宅医療専門医研修プログラム

在宅医療専門医研修
プログラム

Training Program
祐ホームクリニックは、医療に熱意を持つ方に対し、在宅医療の学びの場を提供する事を一つの使命と捉えています。
当院のプログラムは在宅医療に熱意を持って取り組んでいる医師、取り組もうとする医師に対して、専門医取得のフォローはもちろんのこと、多彩な臨床経験の提供を通し、在宅医療を担う人材の育成を視野に入れた活動を行うものです。ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
在宅医療専門医研修プログラム3つの特長
プライマリケアのトレーニングの経験に応じて2つのコースから選択する事が出来ます。
経験豊富な指導医が専門医試験合格に向けたポートフォリオ作成支援を行ないます。
多くの専門医(精神科、皮膚科など)が在籍しており、専門科目を超えた連携の中で、在宅医療での多彩な臨床経験を積むことが可能であり、多科にわたる臨床スキルの向上を目指す事が可能です。
じっくり学ぶ2年コース
本コースは、在宅医療への熱意があり、かつ、臨床経験5年以上の医師を対象としたコースとなります。在宅医療未経験の方も受講可能です。またプライマリケア連合学会専門医の方でじっくり研修したいという場合も受講可能です。在宅医療に必要な各科の知識を得るための研修日として初年度に25日分の研修日(有給)を設けており、指導医とニーズに合わせて相談の上、外部研修も組み合わせて充実した研修を可能としています。
じっくり学ぶ2年コース【1年目】
じっくり学ぶ2年コース【2年目】
“多角的な見方を身に付け、生活を支える在宅医療を学ぶ”
当院での在宅医療専門医プログラムはまだ開始して日は浅いですが、修了生が在宅専門医取得に向けて作成したポートフォリオが優秀ポートフォリオに選出されるなど一定の評価をいただいています。
当院は診療範囲も患者層も幅広く、多彩な臨床経験を積むフィールドは整っています。また地域での健康増進活動など意欲と興味があればスタッフと協力して展開していくことが可能です。

研修プログラムでは、家庭医療を軸としたプライマリケアの方法論を院内勉強会等で学びながら、月1回開催されるポートフォリオ勉強会で個別症例を振り返り、省察を深め、専門医試験受験に必要なポートフォリオ作成を進めてゆきます。多くの医師と対話し、それぞれの専門を生かした視点から振り返ることでより多角的な見方を身につける一助となるでしょう。プログラム修了時には作成したポートフォリオを発表し、スタッフに学びを共有し、成長した姿をみせていただくこととしています。

在宅医療の現場では疾患だけでなく、家族、地域も含めた全体のプロセスを見ます。医学的な合理性だけではなく様々な価値観を含めて考え、当事者や他職種の方々とフラットな関係性をつくって対話しながらご本人、ご家族の生活を支える必要があり、当院では連携部(看護師、SW)事務部、アシスタント部と対話・協力しながら患者さんをみんなで支えてしています。在宅医療の経験の有無は問いませんが、やる気とチームの一員として他の職種を尊重し、柔軟に対話する姿勢は必要です。特に臓器別専門科出身の先生方はプライマリケアの現場では違和感も少なからず経験し、時に自分を変える必要が出てくることもあるかと思いますが、疾患治療だけでなく全人的に関わり、生活を支える在宅医療を学ぶことは今後どのようなフィールドで働くとしても意義深いことと考えます。

お問い合わせ

CONTACT
ご質問やご相談などは下記お問い合わせまでご連絡ください。
ご質問やご相談などは
下記お問い合わせまでご連絡ください。